1234 Street Name, City Name, United States
(123) 456-7890 info@yourdomain.com

技術を持つ先生が生徒に教える技

東京に、民族楽器を使って演奏をする事を教えてくれる、音楽教室が有ります。

プロのミュージシャンだった方が、講師を勤めていて35年程の歴史がある教室です。

受講生の大半は、本格的なプロを志している人が多く、全く民族楽器を一度も演奏した事が無い初心者でも、歓迎してくれます。

アフリカの民族楽器に、太鼓の様な形をした物が有ります。

日本の太鼓は、バチと呼ばれる2本の棒の様な物で叩きますが、アフリカの民族楽器の太鼓は両手を使って直接叩きます。

両手で太鼓を叩くとかなりリズミカルに叩けるので5、6人で集まって太鼓を叩くと、とても良いテンポで太鼓を叩く事が出来ます。

その時に、講師の先生が指揮者役となって太鼓の強弱やテンポの具合を指示します。

この教室では、ドラムなどの指導も行っていて、プロを養成する為の設備と、楽器類が揃っているので自宅などで練習するスペースが無い場合や、高額なドラム一式を購入する事が不可能な場合でも、この教室に通えばプロの講師の指導の下で思う存分練習する事が出来ます。

中国は、伝統的な民族楽器が数多くある国です。

例えば二胡と呼ばれる楽器は、2本の弦を間に挟んだ弓で弾きます。

弓が2本の弦に挟まっているのは、馬に乗って移動する時に弓を落とさない様にする為で、日本では女性を中心に人気が高まっている民族楽器の1つです。

揚琴と書いてヤンチンと呼ばれる楽器も中国が発祥で、140本以上の弦を竹製のバチで叩いて音を出す打弦楽器です。

1つの音に複数の同じ音の弦が張って有ってとても、豊かな音色を出します。

Copyright © 2017 SuisanIkoma All Rights Reserved.