1234 Street Name, City Name, United States
(123) 456-7890 info@yourdomain.com

株は儲かるけどリスクが高いと言われる

先物取引は、株式投資と同様の投資ですが、現物の株式の投資とはその仕組みが異なっています。

先物取引の代表的なものとして、日経225先物がありますが、日経225先物は日経平均株価そのものが取引の対象になり、取引を行うには口座に証拠金を入金します。

入金した証拠金にレバレッジを効かせることにより、実際に入金した証拠金以上の金額で取引を行うことができます。

日経225miniの場合では、実際に入金した証拠金の約21倍の金額を取引することが可能になります。

もし1万円の証拠金を入金している場合には、約21万円分の取引を行うことができます。

このように先物取引は、レバレッジを効かせることにより、少額の投資金額でも大きな収益を得られる場合がありますので、とてもメリットがあります。

しかし、予想が外れた場合には損失を被りますので、リスク管理をしっかりと実施することが大切になります。

先物取引は売りからでも取引を行うことができますので、日経平均株価が下降局面にある場合でも、収益を得ることが可能です。

先物取引は景気の変動に左右されず、上昇局面でも下降局面でも取引可能であることも魅力の一つです。

先物取引は夜間でも取引を行うことができますので、昼間は会社勤めをしている人でも、時間に関係なく取引することができます。

ニューヨーク市場が始まる日本時間の22時前後には、取引量が特に増えますので、大きな収益をあげることも期待できます。

Copyright © 2017 SuisanIkoma All Rights Reserved.